とんこつのブログ

スーパードンキーコングシリーズのRTAプレイヤーであるとんこつの活動記です。

SGDQ2020でスーパードンキーコング2を走りました

2020年8月19日に『Summer Games Done Quick 2020(以下、SGDQ2020)』に走者として参加したレポートです。

イベントの概要などについては以下の記事をご覧いただければ幸いです。

当選に至るまで

2019年1月6日

GDQのイベントを初めてライブ視聴したのは、AGDQ2019における、アジーンさんによるドンキー1の日本語解説でした。当時はRTAを始めて1年に満たず、Japanese Restreamの存在もよく知りませんでしたが、AGDQの雰囲気に漠然とした憧れを抱いたのを覚えています。

またこの時、Japanese Restreamの活動理念に感銘を受け、後にSGDQ2019AGDQ2020CRDQで日本語解説を担当するきっかけとなりました。

 

2019年10月16日

ドンキー2 Warplessにおいて、「クラッシュエレベーター」の新ルートを初成功させました。同月に思い付いたアイデアを元に、数名の国内走者の協力を得て完成したものです。当時は、このルートで誰かが世界記録が縮められるのを見られればと思っていたのですが、結果的には翌年自分自身で記録更新に挑むこととなります。

 

2020年4月3日

Corona Relief Done Quick (CRDQ) に応募しました。元々6月オフライン開催予定だったSGDQが8月に延期となったことから、急遽開催が発表されたイベントです。結果は落選でしたが、GDQ主催のイベントへの応募はこれが初めてでした。

 

4月18日

ドンキー2 Warplessにおいて、前年に開発したルートを使用して、初めての50分切りを達成しました。この記録の詳細は、知識等の整理を兼ねて以下の記事にまとめました。

 

6月18日

SGDQ2020に3つのゲームで応募しました。GDQのイベントに関しては、冬のAGDQ2021にはオフラインでも応募できればと以前から考えていました。SGDQ2020は元々スルーする予定でしたが、8月への延期に加え、オンライン開催に変更となったことで、応募を決意しました。

応募文の作成にあたって、ドンキー1はSnakpak、ドンキー2はMadmarc、ドンキー3はAnankozに協力いただきました。

 

当選〜本番まで

7月14日

SGDQ2020の当落が発表されました。結果はまさかの採用。ドンキー2 WarplessはAGDQ2018でも披露されていたこと、自分の応募ステータスがPublicly Visibleでなかったこと、そして何より倍率が非常に高いイベントであることから、採用の可能性は客観的にもかなり低いだろうと考えていましたが、何が起こるか分からないものです。

RTA in Japan Online (RiJO) の参加レポートにも書いた通り、夏の2大イベントにそれぞれ別のゲームで参加することに対するプレッシャーをひしひしと感じましたが、本番で良いランを披露できるよう全力で準備することを決意しました。

日本からは他にもposhiさんとping値さん、バックアップでPKEさんが当選されていました。 

解説は、応募時にこちらから依頼していたMadmarcに加え、当選後すぐに連絡をくれたChillexにもお願いすることに。Japanese Restream側の解説は、ルート研究の際お世話になったKyoro-TMさんにお願いしました。

 

8月13日

8月はRiJOに向けたドンキー3 GBAの通し練習と並行して、Warplessの記録狙いに毎日取り組みました。なかなか噛み合ったランが出ずに苦労し、やっと記録が出たのはRiJOの出番前日のことでした。

この記録をもって1発勝負用のルートの練習にようやく移行しましたが、既に本番は目前に迫っており、やや調整に不安のある状態でSGDQ開幕を迎えることとなりました。

解説陣との打ち合わせについては、参考動画の共有や、本番の流れに関する最小限の認識合わせにとどめ、好きなスタイルで喋っていただくことにしました。

その他にも事前セッティング等について運営や日本勢の方々とDiscord上で色々なやり取りがありました。GDQスタッフの方々の丁寧な対応に助けられ、英語(特にスピーキング)に自信のない自分でも、問題なく諸準備を済ませることができました。

本番期間のこと

8月18日

SGDQ2日目。当初はこの日の21時頃が出番予定だったのですが、初のオンライン開催ということもあってか初日の配信トラブルで大幅にスケジュールに遅れが発生し、19日の深夜に出番が回ることとなりました。いつも通りの記録狙い+通し練習で最終調整を済ませ、本家配信を見ながら自分の出番を待ちました。

 

8月19日

日本時間の深夜1時、いよいよ出番を迎えました。本家配信では70000人ほど、日本語リストリームでは5000人ほどの方にご視聴いただいており、ややナーバスになっている解説の方々をよそに、1人興奮したまま自分のランに没入しました。

ランの間はマイクをオフにして100%ゲームプレイに集中していたので、良いパフォーマンスを発揮することができました。自己ベスト+3秒で迎えた4-1で舞い上がってしまいスクイッターを逃してしまったこと、成功率に不安のあった6-1のArctic Zip(Warplessだとバージョン差のためAny%より難しい)が2nd tryであったことを除けば、自分でもかなり満足できるランでした。

中でも、最難関の6-3「クラッシュエレベーター」をサルクライマーで頂上まで登りきれたことは誇りに思っています。わずかに操作が狂えば大ロスが確定し、リカバリーも無いという3分間は流石に不安でしたが、いざステージに入ってみると不思議とミスする気が全くしませんでした。特に最後のジンガー地帯では、エレベーターを登る自分の映像を、幽体離脱して後ろから眺めているかのような感覚を味わいました。

コングを意のままにピタピタ操れるかのように思える全能感に満ちた状態は、過去2回のRTA in Japanでも経験済みでしたが、今回味わった「ゾーン」はこれまでのものと比べても異質でした(未だに上手く言語化できていません)。

ちなみにタイムの方は51:28でしたが、運営の計測と手元の計測が0.1秒しかズレておらず、GDQスタッフの凄さをここでも実感しました。

出番を終えた後はRiJO期間から長く続いたプレッシャーから解放され、poshiさんとping値さんの応援に回りました。お2人とも素晴らしい走りでした。自分のランのアーカイブも視聴しましたが、解説が技術的に分かりやすいだけでなく、チャットの盛り上げも考慮されていたグッドコメンタリーでした。

本番を終えて

SGDQ Tシャツが届き、8月上旬に受領していたRiJ Tシャツと合わせて最高の夏の思い出となりました。協賛の無敵時間様、The Yetee様、ありがとうございました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20201029025821j:plain

日本勢振り返り配信でもお話ししましたが、本イベントに走者として参加できたことは身に余る光栄でした。イベント全期間の寄付額は約2.5億円だったとのことですが、その一部は自分のゲームプレイに対して寄せていただいたのだと思うと、非常に感慨深いです。

執筆現在、AGDQ2021への応募を済ませ、スケジュール発表待ちという状況ですが、今後も走者や日本語解説等、何らかの形でGDQのイベントに関わっていくことができればと考えています。関係者の皆様、応援してくださった視聴者の皆様に、この場で改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

RTA in Japan 2020 Onlineでスーパードンキーコング 3 (GBA) を走りました

2020年8月14日に『RTA in Japan 2020 Online(以下、RiJO 2020)』に走者として参加したレポートです。

イベントの概要などについては以下の記事をご覧いただければ幸いです。

 

当選に至るまで

2月15日

今回RiJOで走ったスーパードンキーコング3 (GBA) を、ラーニングから初通しまで12時間で行いました。普段はSFC版の3作品をメインにRTAに取り組んでいるのですが、新しい作品に着手することで視野を広げたいという思いがきっかけでした。Anankozやemptysysをはじめとする海外走者の配信を見てこのゲームに興味を持っていたことや、純粋に気分転換したかったことも大いに関係しています。この時は半年後にRiJOで披露するほどやり込むことになるとは思いもしませんでしたが……。

2月22日

GBA版を開始して1週間、当時の世界記録まであと16秒に迫る56:46というタイムを達成しました。名古屋RTAオフへの申請に向けて取り組んできた記録狙いもこれで一区切り……

と思っていた矢先、練習中に偶然水中の壁を抜けることに成功してしまい、このゲームのRTAが激動していくこととなりました。

その翌日にはこのゲームで初めての世界記録を達成しました。水中壁抜けに関する詳細は以下の記事にまとめてあります:

5月19日

V0oidathon 3というイベントに、海外走者との4人レースで参加しました。このイベントに向けて準備を進めた期間は、毎日が新たな発見の連続で、とても刺激的でした。

実際、寝ている間にヨーロッパやブラジルで発見された新トリックを自分の配信内で改良して実用化する、といったことが何度もありました。ここまでアクティブなルート開拓は、歴史の長いSFC版のRTAではなかなか望めないので、良い経験になったと思っています。

5月25日

RiJO 2020に、スーパードンキーコング2のWarplessとともに応募しました。

応募時点での自己ベスト (50:02) については、以下の記事で詳しく説明しています:

5月30日

名古屋RTAオンラインフェスでAny%を走りました。5月には上の記事で紹介している2つの大きな発見があったのですが、その間接的なきっかけの1つはこのイベントへの参加でした。また、2月から変わり続けてきたGBA版のAny%ルートも、この時点でほぼ現行のルートと同じものに落ち着いていました。

当選〜本番まで

6月19日

RiJO 2020の当落が発表されました。どちらかというと通るとすればドンキー2の方かと予想していた分、驚きも大きかったです。過去のRiJでは、ドンキー3はSFC版を含めて単独で披露されたことがなかったので、身の引き締まる思いで準備を開始しました。

解説者を探すにあたっては、数名のSFC版走者の方に声をかけたのですが、出番がお盆期間の早朝ということもあって残念ながら都合が合わず。

そこで、「解説請負人」ことアジーンさんにお願いしたところ、快く引き受けて下さいました。アジーンさんにはRTARacingにおけるドンキー1レースの解説を担当いただいたこともあり、アジーンさんの解説なら安心してプレイに集中できることはよく知っていました。

(実は、国内走者がほぼいないGBA版でRiJOに応募した時点で、解説に関してもしものときはアジーンさんに頼めば何とかなる、というのが頭の片隅にありました。)

ジーンさんご自身も詳しいRiJO参加レポートを書かれていますので、是非ご覧ください:

7月10日

49:41という大満足のタイムを達成しました。50分切りの達成とともに本番までの目標にしていた解説動画の作成も無事に完了し、6万回を超える再生をいただきました:

7月14日

Summer Games Done Quick (SGDQ) に当選しました。もちろん非常に嬉しかったのですが、8月中旬に別のゲームで2大イベントに参加するということが決定し、厳しい練習スケジュールを覚悟しました。

SGDQへの応募〆切は日本時間の6月18日だったので、これがもしあと1日遅く、RiJOの当落発表後だったら、SGDQへの応募はドンキー3 (GBA) のみに絞っていたかもしれません。

 

8月1日

本番に向けて1日1回の通し練習を開始しました。5月のイベントで使用した1発勝負用ルートをそのまま流用するだけではありましたが、SGDQに向けたドンキー2の記録狙いと並行して進めるのは難しく、仕上げるのに普段の数倍は苦労しました。

ちなみに練習でのベストタイムは50:31でした。ソフトロックのリスクを考慮して途中でセーブを2回挟むので、記録狙いのルートとはそこだけで10秒以上差が付きます。

 

8月8日

ジーンさんとのリハーサルを行いました。その様子は、既に以下の記事に詳しく書いていただいています:

ジーンさんご自身はリハーサルでの課題が山積みだったと仰っていますが、走者視点では全くそんなことはありませんでした。

解説をお願いした際に、無礼にも膨大なTo doリストのようなものを送り付けていたのですが、何とその大半を7月中に完了されており、ここまで徹底して準備していただけるのかと改めて驚きました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200929002232p:plain

 

本番期間のこと

8月13日

RiJO 2020初日でしたが、出番が翌日の朝6時台ということで、最終調整に専念。通算1000走目のランで51:03というタイムでした。本番の目標は最低51分台、あわよくば50分台だったので、本番も同じパフォーマンスを出せることを祈りながら20時に就寝しました。

8月14日

5時に起床してウォームアップを開始し、スケジュール通り6時半ごろに出番が回ってきました。早朝にも関わらず15000人ほどの方に生でご視聴いただいており、目が覚めました。

とはいえ多少の眠さはありましたが全く緊張はなく、良い集中力で100%に近いパフォーマンスを発揮することができました。

終わってみれば50:55(手元の計測では50:52)という好タイムでした。このゲームの大技にはやり直しのきく技ときかない技があり、特に後者を全て披露したいという気持ちが強かったのですが、それらをスムーズに決めることができたのが非常に良かったです。

以下は過去のイベントでのランにおける技の成否表ですが、過去の経験と練習が生きた会心の内容だったと改めて思います。

  V0oidathon 名古屋RTAオフ RiJO 2020
タイム 51:50 51:23 50:52
ふわふわ天井抜け ×
カオス1サイクル
エンガード看板抜け ×
バーボスWキル single single double
コンベアロープZIP 3rd try 2nd try 1st try

ジーンさんの解説もリハーサルの段階から更に洗練されており、走っていて気持ちが良かったです。全ての関係者の皆様に改めて感謝します。

余談ですが、ボス『ブリーク』の断末魔を声真似するという茶番についても、発声・タイミングともに申し分なく(声量以外は)満足でした。

名古屋RTAオフのときにはラスボス戦で同じことを試みたのですが、ボイスチャットのフィルタ機能に阻まれて叫び声が全カットされるという痛恨のミスがありました。今回はそれを避けるべく、ブリーク戦のみボイスチャットをミュートにして、ゲーム音と一緒にマイク音を乗せる設定に切り替えるという、若干慌ただしいことを裏でやっていました。

 

8月16日

イベント自体は16日まで続きましたが、19日にはSGDQでの出番を控えていたので、裏でひたすらドンキー2の練習を続けていました。

すると、イベント終了後、RiJ公式チャンネルからまさかのRaidをいただき、急遽25000人の前で通し練習をすることになりました。

RiJO本番とは比べ物にならないくらい緊張しましたが、これがとても良い練習になり、SGDQ本番での成功にも繋げることができたと思います(やかましい配信で大変申し訳ありませんでした)。

 

本番を終えて

本番後は余韻に浸る暇もありませんでしたが、GBA版ドンキー3の魅力の一端をお伝えすることには成功したようで、それが何よりの幸せでした。

また、今回はRiJ 2019から続けての参加となりましたが、その他にもたくさんのイベントに参加させていただけているのはとても幸運で、RTA走者として光栄に思っています。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200928234333p:plain

今後についてですが、前回の参加レポートにも書いた通り、特定のイベントへの参加をメインの活動目的にすることはありません(既にRiJ 2020に応募済みではありますが)。これまで同様、好きなゲームのRTAを上達していく過程でチャンスがあれば、また今回のような素晴らしい経験をできると嬉しいです。

オンラインイベント『RTA Superstars』を開催します

オンラインイベント『RTA Superstars』を2020年11月21日に開催します。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200830072412j:plain

概要

RTA Superstars』は、とんこつが個人的に尊敬する2DアクションRTA走者による、招待制のオンラインマラソンイベントです。3名の走者にそれぞれのランを披露していただいた後、インタビューを通じてRTAに対する考え方などをお聞きします。開催日はスーパーファミコン発売から30周年の記念日にあたります。

スケジュール

2020年11月21日(土)18:00~24:00開催予定です:

RTA Superstars Schedule

走者紹介 (敬称略)

まいば (maibaRTA)

saku (saku_ghd)

がーすー (ga_su_0416)

※スケジュールや各種情報は2020年8月30日現在のものです

SGDQ2020でスーパードンキーコング2を走ります

8月16〜23日に開催されるオンラインイベント『Summer Games Done Quick 2020』に走者として参加します(日本語リストリームはこちら)。

8月19日(水)午前0時44分ごろから、『スーパードンキーコング2 Warpless』を走る予定です(出走時刻は大幅に変動しうるのでご注意ください)。 

f:id:tonkotsu_tnkt:20200817153009p:plain


Summe Games Done Quickとは

Summer Games Done Quick』とは、毎年夏に開催されている世界最大級のRTAイベントです。イベントの概要は以下の記事をご覧ください:

news.yahoo.co.jp

配信はTwitch上で行われ、アーカイブYouTubeにもアップロードされます。同時に行われる日本語リストリームでは、日本語の解説も付きます。

スーパードンキーコング2 Warplessとは

スーパードンキーコング2』は1995年にレア社が開発し、任天堂が発売したスーパーファミコン用の横スクロールアクションゲームです。『Warpless』とは、「ワープ」を使わずにラスボスの『キャプテンクルール』を倒すまでの時間を競うカテゴリです。

執筆時点での自己ベストは49分46秒世界1位)となっています。旧記録(49分52秒)については解説記事および解説動画を公開しています:

rtagamers.com

また、以下の文章は、本イベント応募時に提出した説明文とその和訳です。

  • Run Description:

Donkey Kong Country 2 is widely regarded as one of the greatest 2D platformers ever made with amazing graphics and a fantastic soundtrack.

The Warpless category does not allow the use of developer-intended warps, wrong warps and skips that beat levels instantly. This run shows off a lot of unique movement and tricks not usually shown in the Any% and 102% categories of DKC2.

Since its last showing at AGDQ 2018, two
major time saves were discovered, saving around 1 minute and 30 seconds total.

  • ゲーム説明(日本語):

スーパードンキードンキーコング2は、驚くべきグラフィックスと素晴らしいサウンドトラックを持つ、歴代最高の2Dプラットフォーム・ゲームの1つとして広く知られています。

Warplessカテゴリでは、開発者の意図したワープや、ロングワープ、ステージを瞬時にクリアするスキップの使用は認められません。このランでは、スーパードンキーコング2のAny%および102%では通常用いられない多くのユニークな動作とトリックが披露されます。

AGDQ 2018で最後に披露されて以来、合計で約1分30秒にもなる2つの大幅な時間短縮が見つかりました。

意気込み

スーパードンキーコング2 WarplessがGDQで披露されるのは『AGDQ2018』以来2度目です。また、スーパードンキーコングシリーズを日本人が走るのは『AGDQ2017』以来2度目ということもあり、光栄であると同時に正直プレッシャーを感じています。

自分のゲームプレイで全世界の視聴者を魅了できるよう、練習通りに全力で頑張ります。

 

RTA in Japan Online 2020でスーパードンキーコング3 (GBA) を走ります

8月13〜16日に開催されるオンラインイベント『RTA in Japan Online 2020』に走者として参加します。

8月14日(金)午前6時36分ごろから、『スーパードンキーコング3 (GBA) Any%』を走る予定です。 

f:id:tonkotsu_tnkt:20200813105540j:plain

RTA in Japan Onlineとは

RTA in Japan Online』とは、2017年から毎年夏に開催されているオンラインのRTAイベントです。

配信はTwitch上で行われ、アーカイブYouTubeにもアップロードされます。

 

スーパードンキーコング3 (GBA) Any%とは

以下の文章は、本イベント応募時に提出した説明文です。

  • ゲーム説明:

1996年にSFCで発売された『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』のリメイク版です。基本システムやステージ構成はSFC版と同じですが、一新されたBGMやオリジナルステージなどの要素が、原作とは別物と感じさせる作品です。SFC版ほど走者は多くないものの、基礎動作や要所の1フレーム技、終盤の乱数要素がタイムを左右する点で、競技としての完成度も高いゲームです。

  • カテゴリ説明:

『Any%』は、ラスボスの『バロンクルール』を撃破するまでのタイムを競うカテゴリです。多くのステージでRTA特有の攻略方法が見られますが、中でも2020年2月に私が発見した水中壁抜けバグは現在ほとんどの水中ステージで使われている特徴的な技であり、ここ3ヵ月で約6分の世界記録更新につながった最大の要因です。

 公式ページでもゲーム詳細を紹介いただいているので、こちらも是非ご覧ください:

 また、私自身も本作について3本の解説記事を執筆しているので、良かったらご一読ください:

執筆時点での自己ベストは49:41(世界1位)となっています。本記録については解説動画も作成しています:

意気込み

本作をイベントで走るのは『V0oidathon 3』『名古屋RTAオンラインフェス』に続いて3度目となりますが、そのとき以上に良いランを披露して、GBA版の魅力をお伝えできるように頑張ります。

 

2020年7月の活動記

7月のまとめ

スーパードンキーコング3 GBA

・Any% 50:02 → 49:41

ドンキー3GBAにて初の50分切りを達成し、解説動画を完成させることができました。解説やプレゼン含めて4つのイベントに関わらせていただいたり、RTAGamersに投稿した2本の解説記事が月間PV数のTOP2に入ったりと、多忙ながら充実した1ヵ月でした。

8月の目標

8月は、ドンキー2 Warplessでの49:2xが目標です。また、RiJO、SGDQの2大イベントでのランに加えて国際トリロジーリレーを成功させられるように力を尽くしたいです。

今月の自己ベスト

7月6日 ドンキー3 GBA Any% 50:01

49分台狙い6日目にして、5月に出した自己べを1秒更新。お化けタルに阻まれました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200803140741p:image

7月7日 ドンキー3 GBA Any% 50:00

2日連続の微更新。この日は同一配信内でこの記録以外にも50:25, 50:47, 50:09, 50:08が出るなど絶好調でした。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200803140750p:image

7月10日 ドンキー3 GBA Any% 49:41

記録狙い10日目、65時間の戦いがようやく終わりました。RTAを始めて以来、最も嬉しい瞬間の1つになりました。この日以降は配信時間を削って解説動画作成に取り組みました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200803140804p:image

7月19日 ドンキー3 GBA Any% No OoB 57:09

Switch版リリースに伴うドンキー1期間を挟んで3GBA復帰、新設してもらったAny% No OoB初通し。壁抜け禁止のため、水中ステージの昔のルートを思い出すのが大変でした。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200803140815p:image

7月20日 ドンキー3 GBA Any% No OoB 55:22

2本目にしてかなり噛み合ったランが出て目標達成。後日54分台を目指すことに。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200803140826p:image

7月28日 ドンキー3 GBA Any% 54:51

Gunma RTA Onlineのためのドンキー2期間を挟んで54分台狙いを再開。2日目のランで無事目標達成。f:id:tonkotsu_tnkt:20200803140841p:image

今月の通常プレイ

7月11~14日 ゼルダの伝説 神々のトライフォース Any% 34:36:43

人生初ゼルダを4日に分けてプレイしました。謎解きの快感にハマったので、別作品を年内にプレイすることを決意しました。

https://www.twitch.tv/videos/676579096

https://www.twitch.tv/videos/677539492

https://www.twitch.tv/videos/678421036

https://www.twitch.tv/videos/679507697

7月26日 スーパードンキーコング2 GBA Any% 1:51:11

ドンキー2 GBA版を初プレイ、ケロゾーンにかなり苦戦しました。

https://www.twitch.tv/videos/691360794

イベント関連

7月5日

Kings of Kongsの大会イラストおよび走者発表を行いました。

 

7月14日

SGDQ2020にドンキー2 Warplessで採用されました。とても嬉しかったのですが、万一採用されるならドンキー3 GBAかと思っていたので驚きの方が大きかったというのが正直な所でした。この通知を受けて、下旬以降の配信計画を見直すことに。

7月18日

私の解説論発表会にて「ドンキーRTA走者によるサルでもわかる解説論」というタイトルで発表しました。

https://www.twitch.tv/videos/683217764

 

7月20日

RTA通信Vol.1にて「スーパードンキーコング1 vs. 2 vs. 3 RTA的徹底比較」というタイトルで発表しました。

https://www.twitch.tv/videos/685306005

 

7月23日

RacingChallenge with SwitchOnlineにてドンキー1 All Stages部門の解説を担当しました。

https://www.twitch.tv/videos/688323935

 

7月26日

Gunma RTA Onlineにてドンキー2 Any%を走りました。

https://www.twitch.tv/videos/691434320

 

その他

7月8日

何気ないツイートがバズりました。

7月9日

「emptysysとジンベエザメ

7月14日

エモートグッズストアを開設しました。

7月15日

RTAGamersに解説記事を投稿しました。

rtagamers.com

7月17日

ニコニコ動画に解説動画を投稿しました。

www.nicovideo.jp

7月18日

RTARacingにてイッシーさんとドンキー1 All Stages並走を行いました。

https://www.twitch.tv/videos/683410752

7月24日

RTAGamersに解説記事を投稿しました。

rtagamers.com

7月24日

ニコニコ動画に解説動画を投稿しました。

www.nicovideo.jp

7月31日

ニコニコ動画に解説動画を投稿しました。

www.nicovideo.jp

2020年6月の活動記

6月のまとめ

スーパードンキーコング2

・Any% 39:17 → 38:54

・True Ending 37:52 → 37:15

ドンキー2にて今年最大の目標であった38分台を達成したほか、その他4カテゴリで目標タイムを達成できました。また、Jump Kingイベントでの解説やマリオギャラクシー初見プレイなど、違うゲームでの活動も充実した1ヵ月となりました。

7月の目標

7月は、ドンキー3 GBA Any%での49:xx、No OoBでの56:xxが目標です。前者については余裕があれば解説動画も作成できればと考えています。

今月の自己ベスト

6月12日 ドンキー2 Any% 39:11

4月に発見されたArctic Zipを採用して初めての自己べ。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033136p:image

6月13日 ドンキー2 Any% 39:05

5分台のW6とともに自己べ更新。Arctic Zip発見前の区間ベストと比べて15秒縮まっています。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033144p:image

6月16日 ドンキー2 Any% 39:04

The juuuumpを決めて微更新。38分台狙いのリセゲーに終わりが見えてきた記録でした。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033150p:image

6月17日 ドンキー2 Any% 38:54

念願の38分台を達成。終盤にかけてやや安定よりのルートを多用することになったものの、意図しない中ロスはスクリーチレースでの被弾くらいで、綺麗に走り抜けることができた納得の記録です。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033157p:image

6月20日 ドンキー2 True Ending 37:42 / All Stages 49:18

ナンパ船右投げのロスを乗り越えて微更新。なおAll Stagesについてはムービー中のリセットを新たに導入しました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033205p:image

6月20日 ドンキー2 True Ending 37:15 / All Stages 48:45

目標達成。True Ending部分についてはロスの少ない良い走りでした。All Stagesは終盤のロスが目立つものの一応WRです。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033215p:image

6月23日 ドンキー2 Beat Link 41:25

Beat Link (DKコイン20枚集め) に初挑戦。思ったより難しいカテゴリで苦戦しました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033223p:image

6月25日 ドンキー2 Any% BARRALAX 44:33

以前から興味のあったハードモードAny%にも初挑戦。こちらも予想通り初通しにかなり時間がかかり、3乙で無理やり通しました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033230p:image

6月28日 ドンキー2 Beat Link 40:49

目標の40分台達成。リンクを倒したということで、7月の初見プレイ用に神々のトライフォースを購入しました。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033236p:image

6月28日 ドンキー2 Any% BARRALAX 43:18

42分台ペースで迎えたどくどくタワーでまさかの1乙。

f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033243p:image

6月29日 ドンキー2 Any% BARRALAX 42:49

前日のリベンジ達成。クラッシュエレベーターでの2-1ジャンプ成功が結果的に大きかったです。f:id:tonkotsu_tnkt:20200710033257p:image

今月の通常プレイ

6月7日 スーパーマリオギャラクシー Any% 12:58:27

想定の12時間を越えたものの何とかクリア。あまりに楽しかったため、後日120枚クリアまでプレイすることを決意しました。

 

6月21日 スーパーマリオギャラクシー 120枚 28:58:54

Twitch通算10万視聴記念に、前回の続きをプレイ。プレイの中で段々と3Dマリオに対する苦手意識がなくなっていき、楽しくクリアできました。

 6月26日 スーパードンキーコング2 片手 3:14:33

Jump Kingイベ解説後の通常プレイ放送で登頂失敗した罰ゲームに。スコークスライドとどくどくタワーにかなり苦しめられましたが何とかクリア。

イベント関連

6月2日

あるらじ出演回のまとめ記事が公開されました。

rtagamers.com

6月13日

RTA Racingにてドンキー2 Any%の4人レースを行いました。

 6月14日

popさん主催のJump King大会にてハイガイさんと共に解説者として参加させていただきました。お声かけいただいた時点では小規模レースだったはずが、Jump King公式サポート付きの大規模なイベントとなり、大盛り上がりでした。

RTA経験のないゲームでしたが、popさんや優勝者のレツさんから提供いただいた情報をもとに最低限見どころを抑えた解説ができたと思います。どの参加者もレベルが高く、見ていて非常に楽しかったです。

youtu.be

6月18日

SGDQ 2020 Onlineにドンキー1 RBO、ドンキー2 Warpless、ドンキー3 GBA Any%で応募しました。

6月19日

RTA in Japan Online 2020にドンキー3 GBA Any%で当選しました。

6月20日

RTA Racingにてドンキー2 True Endingのレースを行いました。

その他

6月3日

1000ビッツのスタンプを追加しました。

6月17日

チャンネルポイントの交換アイテムを配信画面上に表示するようにしました。

 また、通算10万ビュー&平均視聴数100人を達成しました。ありがとうございます。